FC2ブログ

たまねぎジュースダイエット

たまねぎジュースダイエットとは、たまねぎジュースを飲むことで


たまねぎに豊富に含まれるケルセチンという成分が、身体の脂肪細胞に溜まっている有害な物質を排出し、


脂肪を燃やしてくれる働きを利用したダイエット方法です。


玉ねぎには、以下のような効果があります。


脂肪を燃やして肥満予防


免疫力を高めてがん予防


血糖値を下げて糖尿病予防


血管守って動脈硬化予防


玉ねぎジュースを1年間飲み続けた結果、体重が約10kg、体脂肪が約10%も下がったという方もいるようです。


たまねぎジュースのケルセチンは有害な物質(毒素)と結びつき、


機能が低下していた脂肪を燃焼する酵素を働き易くさせます。


たまねぎジュースのケルセチンは、悪玉コレステロールを減らすと同時に


善玉コレステロールを増やす働きも持っています。


血中のコレステロールの増加は、動脈硬化の原因になることがわかっています。


余分なコレステロールが増えすぎると血管に付着し、しみ込んで血管壁を厚く硬くしてしまいます。


ケルセチンは水にさらしてしまうと、有効成分が流出してしまいますが、


加熱には比較的強いので、味噌汁やスープなど溶け出した有効成分を煮汁ごと飲むものが効果的です。


たまねぎジュースに使われる玉ねぎの健康パワーの1つに「血液をサラサラにする」という効果があります。


これは、たまねぎジュースの玉ねぎに含まれる硫化アリルなどのイオウ化合物が、


血管を詰まらせる原因となる血栓を溶かす成分に変化し、血液をサラサラに浄化してくれる働きのためです。


またたまねぎジュースの玉ねぎには、食物繊維が豊富に含まれています。


便秘を改善するために、腸の働きを活発にするたまねぎジュースの食物繊維を積極的に取り入れ、


腸内の善玉菌を増やすことは大切な対策です。


玉ねぎジュースそのままでは飲みにくいと思いますが、


玉ねぎジュースをオレンジジュースで割ると飲みやすくなります。


脂肪燃焼玉ねぎジュースの作り方は以下の通りです。


1.玉ねぎ中1個を皮ごと電子レンジで加熱(400Wで5分間が目安)。


2.玉ねぎを冷まして皮と根を取る。


3.これに水2カップと塩少々を加えて1分間ミキサーにかける。


そして、玉ねぎジュース1杯分(約100cc)をオレンジジュースで割り、朝晩1日2杯ずつ飲みます。


※余った分は、冷蔵庫に入れ、2~3日で飲みきるようにしましょう。







ポイント最大19倍!身体に最高♪話題の☆飲む玉葱ジュース☆ 60本入り[10P13jul10]
スポンサーサイト



トラックバック URL

トラックバック

コメントの投稿

コメント