FC2ブログ

生食ダイエット

生食(せんしく)とは、新鮮な穀物や野菜、豆、海草などを、生のまま丸ごと凍結乾燥させて粉末にしたものです。


熱を一切加えないことで、原料の天然のビタミン、ミネラル、酵素、食物繊維などが


ほとんど壊れずにそのまま残っています。


生食の本場韓国では、健康やダイエットを気にする方はもちろん、


食事療法としても、幅広く食べられている健康自然食品です。


生食(せんしく)は本場韓国では、もともとお寺の僧侶の食事であったものが一般に広まり、


健康やダイエツトを気にする方はもちろん、食事療法としても、幅広く食べられています。


煮たり焼いたりした食べ物を「火食(カショク)」と言うのに対し、


「生食」は無農薬有機栽培の穀物や野菜、海藻類を無精製でフリーズドライにし、


粉末化したものを水で溶いて摂取します。


「火食」では、身体の新陳代謝に必要な各種栄養素と酵素等の大部分が熱で破壊されてしまいますが、


「生食(センシク)」は加熱しないため、ビタミンなど栄養の損失が少なく、


食材の豊富な栄養素を生で丸ごと体に取り入れることができます。


つまり、エネルギーを代謝しやすい身体づくりをサポート、ダイエットに効果的なのです。


肥満は摂取したカロリーが完全に燃焼されず、蓄積されてしまうことが原因です。


食物を通じて取った炭水化物・脂肪・たんぱく質が全て燃焼されたら皮下に蓄積されることがないので肥満にはなりません。


ここで栄養素を二つに分けてみましょう。第一は燃焼する栄養素。第二は燃焼させる栄養素です。


燃焼する栄養素は炭水化物、たんぱく質などを言い、燃焼させる栄養素にはビタミンとミネラルが含まれます。


現代人の食生活が欧米化され燃焼する栄養素である脂肪とたんぱく質が過剰供給されるのに、


それを燃焼させる栄養素であるビタミンと無機質が不足するため、


多くが燃焼されないで皮下に蓄積されるようになります。


ダイエットのためにはエネルギーの摂取量を減らし栄養摂取を十分にし、


基礎代謝を円滑にさせることで体内に余分な脂肪が蓄積されないようにしなければなりません。


そこで生食は体内のエネルギー効率が火食に比べ高く、


身体に必要な自然のすべての栄養素と各種酵素、葉緑素、フィトニュートリエント、食物繊維などが含まれています。


酵素は私たちが食事を通じて取った糖質やたんぱく質を、血液中を流れやすくするようにアミノ酸の形態に小さく分解してくれます。


ところで人が年を重ねたりストレスを受ければ酵素の体内生産が減少し、それにより身体の代謝作用が低下します。


一方この酵素には補助因子であるビタミンとミネラルが絶対必要です。


ところが食品を加熱、加工して食べることは熱に弱い酵素を殺してビタミンとミネラルを破壊させてしまいす。


火食より酵素が生きている、ビタミン・ミネラルが豊富に含まれている生食に変えれば、


豊かな食品の酵素を体内に吸収し新陳代謝を活発にし、体内に蓄積される老廃物を排出させ、


ダイエットに、きれいな肌にと身体に変えてくれます。


葉緑素は植物の血とも言え、充分に体内に供給することによって体質に変化を与え、より良い状態にしてくれます。


食物繊維は消化及び腸の運動、および基礎代謝を活発化させます。


基礎代謝が活発になれば、それだけ脂肪を燃焼しやすい身体となり、


ダイエット後のリバウンドも起こりにくくなります。


また脂肪・老廃物を排泄させ、むくみを防ぎ、ダイエット・美肌の大敵「便秘」を改善します。


フィトニュートリエントとは食物活性栄養素のことを言い、


健康を維持し疾病に対する自然防御力を付与する予防医学的栄養素です。


ベータカロチン、トマトのリコピン、大豆イソフラボン、緑茶のカテキンなどがあります。


現在日本で、生食と言えば、青汁の材料であるケールや玄米、豆類などを生のまま粉末にし、


それをドリンクに混ぜて飲むという食品が一般的。


こちらも生なのですが、これはあくまで栄養補助食品として売られています。


生食にはたっぷりのビタミン・ミネラル、また各種栄養素が含まれており、


短期間に激ヤセしたいという方に、健康的にサポートできます。


長期間のダイエットを行う場合は、基礎消費量を高めることができる有酸素運動運動、


スイミング、エアロビクス、ウォーキング、ジョギングなどを平行すると、


さらに効果的なダイエットになります。


また、生食ダイエット中は水を食前・食後にたっぷり飲みましょう。


胃の中で、乾燥状態の生食が水分を吸って膨らみ、満腹感が得られ過食を防ぎます。


しかも、水を多く飲めば、身体の中に蓄積された老廃物の除去も促され、より早くダイエット効果を実感できます。


さらに主食や一般の食事時にも


自然食を中心とした雑穀ご飯、おひたし、味噌汁など脂肪が少ない和食を中心にした食事をしながら塩分を控え、野菜をたくさん召し上がると良いでしょう。







韓国NO.1ダイエット&ビューティーの決定版・生食(センシク)1食150kcalで満腹感・オールナチュ...
スポンサーサイト



トラックバック URL

トラックバック

コメントの投稿

コメント