FC2ブログ

発芽玄米ダイエット

発芽玄米とは、玄米を水に1~3日浸し、胚芽部分が1mmほど発芽したものです。



発芽した玄米は、眠っていた玄米の酵素が起きて活発になり、特にアミノ酸が増加します。



普通の玄米に比べて炊きやすく、消化吸収が良く、独特の甘味が出て冷めてもパサパサしないのが特徴です。



玄米から発芽した発芽玄米は、一番変化するものとして、フィチン酸があります。



本来、玄米にはマグネシウム・カリ ウム・亜鉛・鉄・ビタミン等含まれています。



玄米にはこれらの健康維持に欠かせない ミネラルが豊富なのにもかかわらず、フィチン酸によって吸収されにくくなっています。



ところが、発芽させることでフィチン酸の形態は変化し、ミネラル類の吸収力が上がります。



玄米から発芽という命が生まれるプロセスの中で、貯蔵型のエネルギーが活性型のエネルギーへと変化をします。



具体的には、玄米の胚芽や胚乳(白米の部分)にビタミンが増加し、糖質が消化吸収されやすい状態に変化します。



この発芽した玄米の状態は非常に柔らかく、美味しく、しかもビタミンやミネラルの消化吸収効率が極めて高くなり、人間が食べたときの栄養価がぐんと上昇し
ます。



これは、玄米の中のビタミン・ミネラルの吸収を妨げているフィチン酸が、発芽の過程の脱リン酵素の働きによって、リンとイノシトールに分解されるからで
す。



このため玄米中のビタミン・ミネラルが大幅に吸収されやすくなっています。



ビタミン・ミネラル成分が効果的に吸収されると、体内組織を活性化し、ダイエットに不可欠な基礎代謝能力を上げます。



つまり、太りにくく、リバウンドしにくい体質に改善するのです。



また、発芽玄米に含まれるアミノ酸は、脂肪の燃焼を促進します。



アミノ酸は、リパーゼという脂肪燃焼酵素を活発にします。



リパーゼには、脂肪を分解し血中に放出することで、



溜まっている内臓脂肪や皮下脂肪を減少させる作用があり、それが脂肪燃焼という形であらわれます。



発芽玄米は血液中の中性脂肪の増加を抑えてくれるんです。



脂肪の多い食品を同じように食べても、白米を食べた人と発芽玄米を食べた人では、



食後の中性脂肪の増加量がまるで違うことがわかっています。



こうして中性脂肪が減り、内臓脂肪が減ると、ウエストサイズがダウンするんですよねぇ。



私は腹やせ運動をしてたっていうのもあると思うけど、



発芽玄米を食べるようになって、最終的にくびれを作ることができました。



さらに発芽玄米に含まれ、アミノ酸の一種である『ギャバ(ガンマ-アミノ酪酸)』は、



脂肪燃焼効果に加え、抑制性の神経伝達物質として働き、ダイエット中にありがちな過度の食欲やストレスを抑制します。



これら以外にも発芽玄米には、ダイエット・美肌の大敵「便秘」を防ぐ食物繊維が豊富に含まれています。



食物繊維は、満腹感を促す働きがあり、過食も防ぎます。糖代謝・インシュリンの分泌を抑える働きもあり、



『低インシュリンダイエット』の要素も兼ね備えているのです。



つまり、発芽玄米は、白米・玄米に比べビタミン・ミネラル・アミノ酸・食物繊維が豊富に含まれており、



target="_blank">人間にとって必要な栄養素がぎっしりつまった理想的な低カロリーダイエット食品なのです。 





2種類の発芽玄米食べ比べでお好みが見つかる?黒豆おこわも入った亀田製菓『初めての方送料無料...
スポンサーサイト



トラックバック URL

トラックバック

コメントの投稿

コメント