FC2ブログ

ゴーヤー茶ダイエット

ゴーヤーは、沖縄方言で「にがうり」のことを言い、沖縄料理の代表格です。



沖縄の人が、暑い夏にも夏バテしないのはゴーヤーを普段より食べているからと言われています。


ゴーヤーは、にがうりの名の通り独特の苦味があるのが特徴です。


ゴーヤー茶は、ゴーヤーを丸ごと煎じ、この苦味を感じないほどに抑え、効果はそのままにした健康茶です。


しかもゴーヤー茶には、今話題のダイエット成分『共役リノール酸』の素となるリノレン酸が豊富に含まれています。


さらにゴーヤーには、豊富なビタミンC、E、カリウムなどの栄養成分が含まれています。


ビタミンCは、肌の機能の活性化・美肌には欠かせない成分で、


カリウムには、体の水分バランスを整え、むくみの解消に効果があります。


ゴーヤー茶は、果肉と種を一緒に細かく切って天日乾燥させたあと焙煎します。


この種子に含まれる油分の60%は、共役リノレン酸です。


共役リノレン酸は体の中で、話題のダイエット成分『共役リノール酸(CLA)』に変わります。


この共役リノール酸が脂肪分解酵素リパーゼの働きを促進させ、脂肪を燃焼しやすくするのです。


共役リノール酸が脂肪を減らす理由として、脂肪をエネルギーに換える酵素の活性化が挙げられます。


この酵素は、ミトコンドリアにおいて脂肪がエネルギーに換わるβ酸化という代謝のスピードを決定する重要な酵素なのです。


ですから、共役リノール酸を摂っていれば脂肪を燃焼させやすいということ。


有酸素運動を行っているときの体内作用のように働くのです。


また、サラダ油は直接火をつけても燃えませんが、霧吹きのようなもので気体状にすると燃えます。


これと同じように体の中の油=脂肪も細かくすると燃焼・代謝するのです。


体の中では、脂肪を細かくする作業をリパーゼという酵素が行っています。


共役リノール酸は、このリパーゼを活性化し、脂肪を細かくする作業を促します。


さらに共役リノール酸は、細かくなった脂肪が再度固まるのを防止して、


太りにくくなる体質、つまりリバウンドしにくい体質に改善します。


以上のような作用から、体を動かさなくても、共役リノール酸は脂肪の減少に効果的に働きます。


また、ゴーヤーの皮の部分には、P-インシュリン・チャランティン・モモルジニンなどの成分が含まれています。


これらはサポニンの一種で、「植物性インシュリン」とも呼ばれています。


P-インシュリンが血液中のブドウ糖を分解し、


エネルギーに変え、チャランティンやモモルジニンは膵臓を活性化して血糖の代謝を促進します。


飲み方のポイントは、


・成分を十分に抽出するために、よく煮出してから飲みます。


・種の中に「共役リノール酸」が多く含まれているので、


ゴーヤ茶を選ぶ際には種の割合が多いものを選ぶのがコツです。


ゴーヤは「にがうり」ともいいますね。


そのままで食べると独特のにがさを感じますが、


お茶はにがみを抜いて飲みやすくしてあるものが多いようです。


もちろんウォーキングやジョギングなどの有酸素運動とゴーヤー茶ダイエットを組み合わせれば、さらに効果的です。







ハイサイ!ゴーヤー茶ティーパック●徳用100個入り【送料315円】
スポンサーサイト



トラックバック URL

トラックバック

コメントの投稿

コメント