FC2ブログ

雪茶ダイエット

雪茶とは真夏でも雪が溶けない極寒高山、チベットの標高3800Mのヒマラヤ山脈などに自生しているムシゴケ科の植物になります。


1年で数ミリしか成長せず、雪の上で自生するその姿から「雪茶」と名づけられました。


野菜が育たないこの過酷な地で暮らす現地のチベット族は、動物の肉や脂を主食としているため、


脂肪分を包み込んで排泄する働きのある「雪茶」を飲んで、


古来から健康で元気な生活をおくって来たと言われます。


その歴史はかなり長く、明の時代には皇帝秘茶として、中国皇帝にも愛されていたといわれています。


そして、雪茶には豊富なビタミン、ミネラル成分(アミノ酸18種類、ミネラル微量元素9種類、ビタミン6種類)が多く含まれています。


その中のアミノ酸は、私たちの体の中にある脂肪燃焼酵素「リパーゼ」の働きを活発にする効果があります。


それによって、体内の脂肪分解を促進し、エネルギーに変化させ、体内から脂肪を減少していきます。


雪茶特有の成分でもある雪茶素というのが含まれているのです。


この成分は、腸や血液、肝臓など体内に蓄積された脂肪・コレステロールの分解を促進する力を持つことも判明しています。


その脂肪分解率はなんと70%で、ウーロン茶の脂肪分解率21%と比べてもわかるように、


そのダイエット効果の高さがわかると思います。


では、実際に雪茶で得られる効果というのはどういったものがあるでしょうか。


ダイエットをする方にとって、気になるであろう主なものをリストにしてみました。


便秘が解消される


脂肪やコレステロールが分解される


美肌の効果


雪茶のダイエット効果をさらに高めるために、有酸素運動をプラスして行うことをおすすめします。


雪茶に多く含まれるアミノ酸を摂り入れることで、脂肪燃焼酵素「リパーゼ」が活性化し、


遊離脂肪酸を血中に放出します。この遊離脂肪酸とは、筋肉のエネルギー源です。


そこで、有酸素運動をすることによって、より早く筋肉からエネルギーを発散し、


脂肪を燃焼させることができます。つまり、有酸素運動を取り入れることが、雪茶ダイエットにとても効果的なのです。


おすすめの有酸素運動として、ウォーキング・ジョギング・水泳・ダンベル運動などが挙げられます。







雪茶(高味園)は今話題のオススメ商品です♪!雪茶(高味園)
スポンサーサイト



トラックバック URL

トラックバック

コメントの投稿

コメント