FC2ブログ

酒粕ダイエット

酒粕ダイエットは、ご飯などの炭水化物と酒粕を一緒に摂取し、脂肪の蓄積を抑制するダイエット法です。


酒粕には血糖や脂肪細胞を作るインシュリンの上昇を阻止する酵素が多く含まれています。


ダイエットだけでなく、美肌から生活習慣病やガンの予防、老化防止にも効果があると言われています。


酒粕は、日本酒を作る過程で生まれる副産物です。


日本酒製造過程では、米と麹菌が作用し、米に含まれる糖が分解され、アルコール発酵が起こります。


その後もろみを絞ると酒と酒粕に分離されるのです。


酒を発酵させる酵母には、豊富な栄養成分が含まれています。


酒粕は清酒醪を搾った後の文字通り粕なのですが、日本酒の成分が多く残っていて栄養価が大変高いのが特徴です。


その成分は糖質が約50%、タンパク質が約30%、脂質が約5%(アルコール分は5%~8%)であり(一般的な分析値)、


ダイエット食品としての条件である低脂肪、高糖質を備えています。


ただこれだけでは特筆すべきことではないのでしょうが、実は酒粕にはデンプンの分解を妨げる物質が含まれているのだそうです。


デンプンは消化されてブドウ糖に分解されますが、この分解速度が遅ければ遅いほど太りにくいのだそうです。


デンプンがブドウ糖に変わった時に血糖が上昇し、膵臓からインシュリンが分泌されます。


このインシュリンが脂肪細胞内にブドウ糖を脂肪として貯めていきます。


血糖が急激に上がるときにインシュリンも急激に分泌されるのですが、


その比率は1:1ではなく、血液中のブドウ糖量が2倍になった時のインシュリン分泌量はなんと7倍。


だからゆっくり分解されればインシュリン量が少なく、脂肪細胞が蓄積されにくくなるというわけなのだそうです。


つまり分解速度が遅ければ太りにくいわけです。


酒粕ダイエットは、いつもの食のメニューに酒粕を加えるだけのダイエット方法です。


酒粕は、酒粕を使った粕汁や魚や野菜の粕漬けなどを食べましょう。


少量でも毎日食べることで代謝の良い身体に改善ができます。


酒粕の調理法は多種にわたりますので、飽きずにおいしく楽しく続けられるのではないでしょうか。


もっとも、酒粕料理のおいしさのあまり、食べ過ぎてしまえばダイエットの夢は霞と消えてしまいますが。








菊姫 大吟醸土用かす 1キロあの菊姫大吟醸の酒粕は、とても美味!
スポンサーサイト



トラックバック URL

トラックバック

コメントの投稿

コメント