FC2ブログ

ひじきダイエット

ひじきダイエットは、ひじきを食べ、脂肪の蓄積を抑制するダイエット法です。


その成分の一つ「カルシウム」について紹介すると、100gの干しひじきに含まれるその量は1400mg!


ピンとこない方のために、カルシウムが豊富と言われる牛乳と比べても、


同じ量の牛乳(カルシウム110mg)の10倍以上という圧倒的なカルシウムを含んでいるのです。


もちろん、牛乳と同じだけひじきを食べられるか?という問題は残りますが、その辺も工夫しだい!


鉄は血液の成分「赤血球」に必要なミネラルで、これが不足することで貧血がおきます。


したがって血液の消耗が激しい女性は、特に鉄不足になりやすく、健康維持のために意識して摂取する必要があります。


そこで、おすすめできるのがこの「ひじき」。


見た目はなんとも栄養がなさそうなへにゃへにゃした海藻ですが、なんと鉄分はホウレンソウの25倍以上!


鉄分が多いといわれる豚のレバーと比べても5倍以上含んでいます。


ただし、この豊富な鉄分を効率よく吸収するためには、


鉄の吸収を助けるビタミンCなどを豊富に含む食品を一緒に食べるという一工夫は必要です


ひじきには、水溶性食物繊維が含まれています。


水溶性食物繊維は、水を含むと大きく膨張する性質があり、胃の中で膨張し満腹感をもたらします。


また脂肪・コレステロールなどをとり込み、体外に排出したり、腸壁を刺激して蠕動運動を活発にして


便の排出を促す働きがあると言われています。


もう一つの水に溶ける食物繊維「水溶性食物繊維」です。


なぜなら、水溶性食物繊維はコレステロールを下げる働きや、糖の吸収をゆるやかにする働きが不溶性食物繊維よりも強く、


まさに脂肪の蓄積を遅らせるダイエッター向きの食物繊維だからです。


そして、もちろんこの水溶性食物繊維を豊富に含んでいるのが、今回ご紹介する「ひじき」なのです!


最後にひじきのおすすめ利用法をご紹介すれば、それはなんと言っても増量剤としての使い方です。


もともとひじきはそれ自体に旨み成分が少ないため、食材としては主役になりにくい立場にありますが、


逆にその性質を利用すれば、様々な料理の名脇役としてカロリーを減らしながら、


ミネラルや食物繊維を増やすという離れ業を使うことが可能になります。


例えば、ハンバーグの肉の2分の1程度を水で戻したひじきに置き換えれば、


カロリーは3分の2程度でカルシウムや鉄分は普通のハンバーグの数十倍という超ヘルシーなハンバーグが完成します。


味噌汁や野菜炒め、サラダなど工夫しだいでその用途は無限大に広がっていくことでしょう!。


ひじきは、貧血・骨粗しょう症で悩む女性の強い見方です。








《送料格安(無料)》 ◆出来たて発送◆三重産ひじきの無添加ふりかけ 《300g》 [6size] ☆ メ...
スポンサーサイト



トラックバック URL

トラックバック

コメントの投稿

コメント