FC2ブログ

干瓢ダイエット

干瓢ダイエットは、かんぴょうを食べ、満腹中枢を刺激するダイエット法です。


干瓢は、ご飯に混ぜたり、味噌汁の具として食べます。


干瓢は、噛み応えがあり、満腹中枢を刺激することができます。


また干瓢をご飯に混ぜれば、炭水化物(糖質)の摂取量も削減できます。


干瓢は、夕顔の果肉を薄く、細長い帯状にむいて乾燥させたものです。


栄養的にもカルシウム・カリウム・リン・鉄分等が多く含まれ、


加えて現代食生活に不足しがちな食物繊維も豊富なことから特に注目されており、


便秘がちな方、妊産婦、お年寄りの方にも適切な健康食品です。


食物繊維は、納豆の約4倍、カルシウムは牛乳の約3倍も含まれています。


不溶性食物繊維は、水にとけず、人体では消化吸収ができません。


不溶性食物繊維は、胃での滞在時間が長く、満腹感を持続させ、食べ過ぎを防止します。


また脂肪の吸収を抑制したり、余分な脂肪・水分・老廃物などと絡み合って便を形成し、


蠕動運動を活発にして便の排出を促す働きもあると言われています。


干瓢は日本食の代表的な食材の一つですが、調理素材としてのかんぴょうの一番の特徴は、それ自体あまり味がないことで、


そのため、肉と一緒でも、魚と煮ても、他の野菜と炒めても、サラダにもと多種多様な料理に利用できます。


かんぴょうに含まれる食物繊維には体内のビフィズス菌を増やす働きがあるため、便通がよくなります。


また、体内の不純物を放出してくれるので大腸ガン予防や肥満予防、ダイエット効果も期待できるようです。







栃木県石橋産干瓢  190g
スポンサーサイト



トラックバック URL

トラックバック

コメントの投稿

コメント