FC2ブログ

青魚ダイエット

青魚ダイエットは、アジ・イワシ・サンマなどの青魚を食べ、食欲を抑制するダイエット法です。


青魚は、肉よりも脂肪分がすくなく、体に良い栄養がたくさん含まれています。


代表的なものが、不飽和脂肪酸であるエイコサペンタエン酸やDHAです。


エイコサペンタエン酸には、悪玉コレステロールや中性脂肪を減らす働きがあります。


また、血液をさらさらにして動脈硬化を防止する効果があります。DHAは、頭が良くなる成分といわれています。


お肉にふくまれているのは飽和脂肪酸といって、生活習慣病の原因となる血中コレステロールを増やすといわれています。


青魚は、GI値も低いので血糖値の上昇が抑えられます。そのため、インシュリンの分泌も少なくなり太りにくくなります。


青魚には、ヒスチジンが含まれています。ヒスチジンには、ヒスタミンとなり食欲を抑制する働きがあると言われています。


食物を良く噛むと少量の食事でも満腹感を感じます。これは噛むことによりヒスタミンが分泌され、食欲を抑制するからです。


つまりヒスタミンを食事から摂れれば、食欲を抑制することができるのです。


しかし食事で摂ったヒスタミンは、血液脳関門という脳のバリアー機能に阻まれ、脳内に到達することはできません。


しかしヒスチジンは、血液脳関門をくぐりぬけ、脳内に到達することができます。


脳内に入ったヒスチジンは、ヒスタミンとなり食欲を抑制するのです。


青魚は、週3回程度生で食べます。


鮮度が落ちた青魚では、ヒスチジンがヒスタミンに変わり、食中毒の原因になることがあります。新鮮な青魚を食べましょう。


生の青魚が嫌いな方は、酢などを利用すれば多少臭みを抑えることができます。


このダイエットは、魚料理が好きな人向けのダイエットです。









アジの中でも【最高峰!】味わい深さは絶品!【シマアジ】
スポンサーサイト



トラックバック URL

トラックバック

コメントの投稿

コメント