FC2ブログ

ウコンダイエット

ウコンダイエットは、ウコンによりコレステロールを削減するダイエット法です。


なおウコンは、カレーに使用されるスパイスのターメリックと同一のものです。


ウコンに多く含まれる精油成分には、胆汁の分泌を促す働きがあります。


肝臓で合成される胆汁は、栄養の消化吸収を助け、腸の蠕動運動を促すという重要な役目を担っています。


肝臓は、一日にでる尿と同じぐらい沢山の量の胆汁を、毎日せっせと作りだしているのです。


胆汁は、実はコレステロールが原料になっているのです。


つまり、胆汁の分泌が増えるということはそれだけ体内にたまった余分なコレステロールが使われ、効率よく排出されるということになります。


実際に、ウコンをとるとコレステロール値が下がる、という報告は数多くあります。


肝臓を強化して糖や脂肪の代謝を促す。


腸で吸収された糖や脂肪は、肝臓で体に合う形に作りかえられ、必要に応じて全身に送り出されます。


人間の体で最大の臓器である肝臓には、糖や脂肪を代謝するという重要な働きがあります。


ウコンをとれば、余分な糖や脂肪が利用され、体脂肪を減らすことが出来ます。


新陳代謝を促して消費カロリーを増やす。


ウコンには、肝細胞だけでなく、全身の細胞の新陳代謝を促す働きもあります。


新しい細胞が作られるときは、体は多くのカロリーを消費します。


つまり、ウコンをとっていれば、そのぶん消費されるカロリーが増えるという効果が期待できます。


ウコンには胆汁の分泌を増やして、腸の蠕動運動を高める働きがあります。


また、ウコンには食物繊維も多く含まれています。


そうしたウコンには、便通をよくして、 肥満の大敵である便秘を治す強力な効果があります。


実際にウコンを飲んだところ、「ビックリするほど通じがよくなって、下剤が不要になった」という人が少なくありません。


このように、ウコンには優れたダイエット効果があります。


ウコンは世界の各地で生薬、染料、着色料やスパイスとして利用されています。


利用法としては薬効のある根茎を収穫して、それをスライスさせて乾燥したものを粉末や粒、あるいはお茶として飲用するのが一般的です。


一番手っ取り早いのは、洗って皮をむき、目の細かな下ろし金ですりおろし、お水で割って飲みます。


胃のむかむかなど、ぴったりと止まります。


あるいは洗って皮をむいたウコンをスライスし、天日で干すと保存できます。


それを煎じてもいいですし、すり鉢で粉にすれば、香辛料「ターメリック」になります。


カレーに入れたり、たくあんの色付けに使います。


ウコンを茹でてから乾燥させて、ピラフや、スープなどに入れるの調理法は、お勧めです。


健康食品としても今注目のウコンですが、有名なのはドリンクの「ウコンの力」だけでなく、


生や発酵させたウコン、粉末状の顆粒のものなど、サプリメントなどにも大活躍で、


更にウコンは食物繊維が豊富に含まれていますので、便秘やダイエットにも効果を発揮してくれるかもしれません。


実は、カレーライスに入っているカレー粉のあの黄色が「ウコン」です。


他にもタクアンの黄色を出すのに使われていますので、身近な食べ物なのです。


健康食品としての利用方法としては、・生の根茎をすって搾った汁を湯で薄めて飲む。


一日10gが目安。


・粉末は、そのまま服用するか湯又は水で溶かして。


一日3gが目安。


・葉っぱを乾燥させた物が、お茶として小売りされている。


・葉っぱを利用した入浴剤もある。


ショウガのように皮をすりおろして、カレーに入れたり、お酒に入れて飲んでみて下さい。


一日に小さじ一杯を目安します。


ターメリックライス:1番簡単な方法は、ご飯を炊くときに水の代わりにウコン茶で炊くことです。


炊き上がるときれいな黄色のご飯が出来上がります。


しかもウコンの味はしません。


それ以外にはうこんパウダーを適量入れてももちろんOKです。









濃縮5種ウコンダイエットサポート♪★☆5000円以上で送料無料☆★★☆8000円以上で代引き手数料...
スポンサーサイト



トラックバック URL

トラックバック

コメントの投稿

コメント