FC2ブログ

地中海式ダイエット

地中海式ダイエットとは、パスタや魚介類、オリーブオイルを中心とした地中海料理を食べることによって、


コレステロールを下げて血液をサラサラにし、美味しく食べながら自然にダイエットできる方法です。


地中海地方には肥満や成人病の人が少ないのは、肉や乳製品は控えめに摂り、


パスタなどの炭水化物と魚介類を中心とした料理を食べているからだと言われています。


和食と共通点も多いのですが、地中海式ダイエットの特徴は野菜とオリーブオイルをたっぷり摂ることです。


オリーブオイルには、血液中の善玉コレステロールを増やすオレイン酸(一価脂肪酸)が多く含まれており、


血液をサラサラにして体内の酸化を防ぐので過酸化脂肪を作りにくくします。また、オリーブオイルに含まれるリノール酸、リノレン酸が皮膚の老化を防止します


地中海ダイエットは「減量」ではなく「健康のための食事法・食習慣」を目的としている、成人予防に効果的な食事療法です。


日本人の1日あたりの塩分摂取量が10g以上なのに対し、地中海ダイエットの塩分摂取目標は1日5g以下です。


地中海料理はオリーブ油やハーブ、香味野菜、ワインビネガーで調味するため、塩分をあまり必要としません。


血管を酸化させにくくするオレイン酸を含むオリーブ油を多用することや肉や炭水化物に偏重せず、


魚、野菜、果物等豊富な産物を活用することで、高血圧防止対策に効果的です。


また、家庭料理を中心としていますので、ナトリウム源となる加工食品が少ないことも優れた点としてあげられます。


調理法は加熱時間を短くして、素材をなるべく生かす調理方法がとられます。


現代の日本人にも取り入れやすい食習慣です。地中海式ダイエットの要点は下記の通りです。


1. 季節の野菜や果物、穀物など植物性食品を数多く充分にとるようにしましょう。


2. 油脂はオリーブオイルを中心にしましょう。


3. 乳製品(牛乳、ヨーグルト、チーズ)はひかえめにしましょう。摂取する場合はローファットのものを使うようにしましょう。


4. 赤身の肉は「月」数回にとどめましましょう。量は340g?450g/月です。


5. 魚や鶏肉は「週」に数回程度、玉子は週に0?4個にしましょう。


6. 魚介類を習慣的に摂取しましょう。 


7. デザートは果物をメインにしましょう。


8. 食事中に適度な量のアルコール(ワイン)を飲みましましょう。


1日あたりの量は男性でグラス2,3杯、女性で1,2杯が適量です。


9. 活発に身体を動かしましょう。


地中海式ダイエットは続けていくと、


高血圧、グルコース値、インスリン、総コレステロール、中性脂肪も下がり、


健康的な体質に変わっていく理想的な「ダイエット」方法なのです。


健康に良い料理も食べ過ぎるとダイエットにはなりません。


ゆっくり味わいながら食べると少量でも満足できるはずです。








【送料無料オリジナルセット】プシューっとワンプッシュで1kcal!健康に嬉しいスプレー付きエク...
スポンサーサイト



トラックバック URL

トラックバック

コメントの投稿

コメント