FC2ブログ

ハチミツダイエット

「ハチミツダイエット」とは,昔から健康食品として重宝されてきたハチミツのグルコン酸,


豊富なビタミン,ミネラルで体を中から変えていくダイエット法です。


ハチミツは殺菌・抗菌作用にすぐれていますが,これは「グルコン酸」という有機酸の働きによるものです。


グルコン酸は有機酸の中で唯一,腸内の善玉菌であるビフィズス菌を増やす働きをするのです。


ビフィズス菌が増えれば,おなかの中は快調そのものとなります。


また,ハチミツの糖はブドウ糖,果糖のほかオリゴ糖も含まれています。


オリゴ糖といえば,ビフィズス菌を増やす効果があり,


グルコン酸とオリゴ糖という強力コンビで女性の大きな悩みの便秘を改善してくれます。


ただハチミツだけで必要量のグルコン酸をとろうとすると,カロリーオーバーになってしまうので,


ヨーグルトなどと一緒に食べるとよいでしょう。


ハチミツは胃腸に負担をかけず素早く吸収されるので,


プチ断食のときの栄養補給にピッタリです。


また,砂糖と比べて低カロリーなので,砂糖代わりに使うのもよいでしょう。


ハチミツには,ビタミンが豊富というもうひとつの特長があります。


ハチミツのビタミンは少量で効果が高く,B群,Cなど10種類も含まれており,


そのビタミン同士が相乗効果を示すのに最適なバランスで配合されているのです。


また,ミネラルも豊富で,カルシウム,マグネシウム,鉄,亜鉛など12種類も含まれています。


これらのミネラルによって,体内のビタミンを効率よく働かせることができるのです。


そして,ハチミツには強い抗酸化作用がある「ポリフェノール」が含まれています。


ハチがミツを作るときフラボノイドから糖が取れた状態になり,


糖が取れると抗酸化性がさらに強くなるのです。


基本の分量は、1回あたり150cc以上の飲み物にハチミツ大さじ1~2杯(10~20g)ですが、


好みによって量を自由に加減しても構わないです。


飲み物は、コーヒーや紅茶、ウーロン茶などのカフェイン、タンニンを含むものは避けましょう。


空腹の胃にカフェインやタンニンは刺激が強すぎます。


望ましいのは、麦茶やローズヒップなどのハーブティー。


また、空腹時にはちみつを直接食べるのもよいでしょう。


飲むのと食べるのを合わせて1日300gまでを目安にしてください。


使用するはちみつは混ざりもののない純粋はちみつを使うのが肝心。


先日、「純粋はちみつ」と表示された商品に、人工甘味料や水あめなどが加えられていたものがあったというニュースがありました。


はちみつはよーく吟味して信頼できるメーカーのものを買いましょう。


はちみつは、砂糖と比べて低カロリーの甘味。


しかも、グルコン酸という有機酸が腸内のビフィズス菌を増やしてくれます。


ビタミンやミネラルも豊富で、砂糖代わりに料理などに使うだけでも、おいしくカロリーカットができちゃいますね。


断食してのはちみつダイエットはつらそうだけど、



普段、料理で使う砂糖をはちみつに置き換えるだけなら、今日からすぐにできそう。








 いろいろ選べる国産純粋蜂蜜(はちみつ・ハチミツ)(110g×3本)☆3本選んで1,980円【送料無...
スポンサーサイト



トラックバック URL

トラックバック

コメントの投稿

コメント