FC2ブログ

ジンギスカンダイエット

ジンギスカンダイエットでは、ジンギスカン(羊肉)を食べ、脂肪を燃焼させるダイエット法です。


無理にジンギスカン(羊肉)を食べる機会を増やす必要はありません。


肉を食べるならジンギスカン(羊肉)を食べようという感覚で考えましょう。


なおジンギスカン(羊肉)を食べるならラムよりマトンを食べましょう。


マトンの方がL-カルニチンが多く含まれています。


羊肉には、他の肉類よりL-カルニチンが豊富に含まれています。そこで羊肉が注目され、羊肉の代表的な料理であるジンギスカンも注目されるようになりました。


体脂肪は、脂肪酸に分解され、血管を通って細胞内のミトコンドリアに送られます。


そしてミトコンドリアでエネルギーに変換されます。しかし脂肪酸は、分子が大きく、そのままではミトコンドリアの中に入ることができません。


L-カルニチンには、脂肪酸をうまくミトコンドリアに送る働きがあると言われています。


つまりL-カルニチンが豊富にあれば、脂肪を効率よく燃焼されることができるのです。


L-カルニチンが不足すれば、脂肪酸は燃焼できず、脂肪に逆合成されて体脂肪として蓄積されます。


さらに羊肉は他の肉と比べて、コレステロールが少なく低脂肪という特徴もあって、羊肉は、ヘルシーな肉として注目を集めているわけです。


羊肉はカルチニンたっぷり!とはいっても、肉ですからカロリーも脂質も低くありません。


マトンならば一人前150g食べれば、ダイエットに必要なカルチニン量がとれます。


羊肉ばかり食べるのではなく、野菜もたっぷりとるようにしましょう。


そのことで食事の栄養バランスも整い、食物繊維も摂れ、食事のかさも増えるので満腹感もでます。


ただ、毎日羊肉ばかりは食べるわけにいきません。カルチニンのサプリメントや配合されたゼリー飲料なども市販されているので


こういったもので上手に補っていけばよいでしょう。








業者さんが作りすぎたため、激安の訳あり特価でご提供!【海明けSALE開催中!】【訳あり・わけ...
スポンサーサイト



トラックバック URL

トラックバック

コメントの投稿

コメント