FC2ブログ

きのこダイエット

低カロリーなのはもちろん、食物繊維がたっぷりで、


おまけにダイエットにうれしいビタミンB群がたくさん入ってる食品といえば…


そう、きのこです!


きのこのダイエット的・最大の特徴といえば、やっぱりその低カロリーさ。


あとで紹介しますが、種類によって多少差はあるものの、


だいたいのきのこが、100gあたり20kcal前後という低カロリーっぷりです。


ダイエットには欠かせない食物繊維。便秘解消はもちろん、お腹で膨らむから食べすぎを防いでくれたり、


余分な脂肪分などの吸収を抑えてくれたり、そんなすてきな食物繊維がきのこにはたっぷり含まれています。


ダイエットの味方といえばビタミンB群。


糖質や脂質の代謝を促進してくれるから、糖質や脂質が脂肪として蓄えられるのを抑えてくれる効果があります。


このビタミンB群がきのこには豊富に含まれているんです。


キノコに含まれるキノコキトサンの効果はいろいろありますが、


現代人にとってはかなり嬉しい効果をもたらしてくれるものばかりです。


●体脂肪の減少


●コレステロール値の減少


●脂肪分解


●中性脂肪の減少


●血液をキレイにする


●血糖値の低下


脂肪分解や体脂肪の減少はダイエット効果がありますし、


コレステロール値の減少や中性脂肪の減少はダイエットや生活習慣病予防の効果があります。


また、血液をキレイにするというのは肌のアンチエイジングにもつながるため、


美容効果も期待できます。


キノコキトサンは甲殻類からとれるキトサンとは違い、腸内をコーティングする作用があるため、


摂取した脂肪分を腸内で吸収しにくくするという効果があります。


日テレ系番組『サプライズ』でダイエット特集をやっており、


その中で夜キノコダイエットというものが紹介されていました。


夜キノコダイエットは夜にキノコを200g程度摂取するだけで、あとは何を食べても良いというものでした。


キノコのカロリーは100gあたり20kcalと、とても低いため余分なカロリー摂取をせずに済みます。


ですが、栄養学的に見ると、摂取カロリーを控えるというのはいいのですが、


夕食時に200gのキノコだけで食事をすませてしまうと、体の中で体質が変化してしまい


痩せにくい体になってしまう恐れがあります。


体は炭水化物等の糖質をとることで基礎代謝効率のコントロールや食欲の増減を決定しているため、


夕食時に炭水化物を摂取しないと体が省エネ状態になってしまうことがあります。


もちろん糖質の摂取の他にも、他の原因によって食欲の減退や基礎代謝効率のコントロールが決定されることもあります。


いくら摂取カロリーが少ないからといって、キノコばかり食べていたら栄養バランスが崩れてしまい、


かえって太りやすい体になってしまいます。


しかし、キノコがダイエットに良い効果をもたらすというのは実験によってもデータが出ていますので、


夜キノコダイエットではなく、普段の食事にキノコ類を足すというのが最も正しく、最も効果があらわれやすい方法だと思います。


ちなみにキノコ類の中で一番キノコキトサンを含んでいるのはエノキです。


キノコキトサンを効果的に摂取できるきのこ料理は味噌汁ですが、


基本的にはどのように調理しても構いません。


一番やりやすい料理にきのこを加えるというのでもOKです。


キノコを毎食摂取するという食事方法は非常に高いダイエット効果が期待できます。


まずは一ヶ月続けてみましょう!








 夜キノコダイエット3個セット(夜きのこダイエット) 30%お得! 【送料無料・手数料無料】 ...
スポンサーサイト



トラックバック URL

トラックバック

コメントの投稿

コメント