FC2ブログ

小豆ダイエット

小豆ダイエットは、小豆を白米に混ぜて食べ、脂肪の蓄積を抑制するダイエット法です。


3食の内1食は小豆を白米に混ぜて食べます。


小豆を白米に混ぜることにより、噛む回数が増え、満腹中枢を刺激することができます。


満腹中枢を刺激できれば、少量の食事でも満腹感を感じます。また炭水化物(糖質)の摂取量も削減できます。


小豆には、不溶性食物繊維・ビタミンB群・サポニンが含まれています。


不溶性食物繊維は、水にとけず、人体では消化吸収ができません。


不溶性食物繊維は、胃での滞在時間が長く、満腹感を持続させ、食べ過ぎを防止します。


また脂肪の吸収を抑制したり、余分な脂肪・水分・老廃物などと絡み合って便を形成し、


蠕動運動を活発にして便の排出を促す働きがあると言われています。


ビタミンB1には、糖質を分解する酵素の働きを活発にし、


糖質がエネルギーとして消費されるのを助ける働きがあると言われています。


ビタミンB2には、体内の脂質の代謝を助け、余分な脂質が体内に残らないようにする働きがあると言われています。


サポニンには、余分な脂肪・糖の吸収を抑制する働きがあると言われています。


太っている方は、小腸の繊毛が大きくなり、脂肪・糖を吸収しやすくなっています。


サポニンは、肥大化した繊毛を正常に戻す働きもあると言われています。


また、食物繊維が豊富なので、便通も促してくれます。


むくみや便秘が気になる方におすすめです。


ただ、市販のあんぱんやお菓子に使われるあんこは、


砂糖が多く、食べ過ぎると逆に太ってしまいます。


小豆を買ってきて、手作りあんこを作るのをおすすめします。


オリゴ糖や黒砂糖などで味付けすれば、


ほのかに甘い、身体にやさしいあんこが作れます。


かぼちゃと一緒に煮たり、ご飯と一緒に炊き上げるのもおすすめです。









【送料無料】21年産、肥沃な大地が生んだ貴重な十勝産小豆(あずき)1kg〔通称:赤いダイヤ
スポンサーサイト



トラックバック URL

トラックバック

コメントの投稿

コメント