FC2ブログ

納豆ダイエット

納豆ダイエットとは、納豆に含まれる納豆菌、食物繊維、オリゴ糖、ポリアミン、


ナットウキナーゼ、ジピコリン酸、イソフラボンの成分で整腸して、


下っ腹をスッキリさせるダイエット方法です。


そもそもなぜ、下っ腹がぽっこりと出るのでしょうか?


それは女性には腸が垂れている人が多いのです。


その垂れた腸に便やガスがたまって下っ腹がぽっこりと出てしまうのです。


また、便秘は腸の中に腐敗物がたまるので、肌荒れとか病気の元です。


ではどうすれば、腸が元気になって、病気予防、ダイエット効果を得ることができるのでしょうか??


腸の健康は、約千種類に及ぶといわれる腸内細菌に左右されます。


健康を害する悪玉菌が増え、健康を守る善玉菌が減ると不調になります。


そんなときに善玉菌パワーを盛り返すのに有効なのが、発酵食である「納豆」なのです。


納豆の中に含まれる成分で注目したいのが、アンチエイジング成分「ポリアミン」。


ポリアミンは、血管の炎症を防ぎ、血流をスムーズにさらさらにする効果があります。


その他、納豆には素晴らしい成分が豊富です。


   納豆菌

   
食物繊維

   
オリゴ糖

   
ポリアミン

   
ナットウキナーゼ

   
ジピコリン酸

   
イソフラボン

   
ビタミンK2


納豆ダイエットで納豆を取りつづけた直後は、腸内細菌のうち、


善玉菌である乳酸菌のおさめる割合が高くなりら、納豆菌の働きで整腸作用が高まります。


この強力な整腸作用がポッコリと出た下っ腹に効くのです!!


さらに、納豆ダイエットで納豆菌が作り出す血管若返り成分の「ポリアミン」、


血液をサラサラにする「ナットウキナーゼ」と「ジピコリン酸」の働きで、


余分な脂肪や老廃物がたまりにくくなるという効果もあります。


これらの納豆の成分はダイエットと美肌に、強い味方になってくれるでしょう。


さらに、納豆ダイエットの納豆には骨を強くするビタミンK2も入っています。


便秘に悩む27~40歳の女性10人で納豆ダイエットの実験をしたところ、


1日2回納豆を食べたところ10日間で平均下っ腹が3.5cm減ったというデータがあります。


1日2回の納豆で、10日後に下っ腹3.5cm減を目指しましょう!


■ 納豆ダイエットの実践方法


納豆ダイエットの納豆に含まれる菌を効率よく使うには、納豆を摂取するタイミングが大事です。


1.賞味期限ぎりぎり

納豆ダイエットの納豆をおいしいまま、しかも納豆菌の数を最大にして食べるには

賞味期限ぎりぎりの納豆を食べるのがベストです。


2.血液サラサラにしたいなら夜食べる

就寝中は、発汗で水分が失われて血液がドロドロになりがち。

これを防ぐには夕食時には必ず食べましょう。


3.1日2回は食べる

効果を最大限にするために、1日2回か3回は食べましょう。


4.100回以上混ぜる

混ぜることで、納豆ダイエットの納豆に含まれるダイエット成分が効果的に働くようになります。

可能であれば、混ぜてから20~30分放置してから食べればベスト。


納豆は全身ダイエットでも用いられる食品ですが、


何れにしても納豆は健康にも良い食品です。もっと積極的に使っていきたいものです。








特選●旨さ大リーグ級国産無農薬大豆天然わら納豆 ふくふく300g (6~8人分)
スポンサーサイト



トラックバック URL

トラックバック

コメントの投稿

コメント