FC2ブログ

おかゆダイエット

おかゆダイエットっていうのがあるのを知ってますか?


おかゆダイエットといっても、おかゆだけを食べて過ごすというダイエット方法ではないです。


風邪の時や、胃腸の調子を崩した時によく食べるおかゆ。


みなさんご存知のように、おかゆは米に水を多く入れて炊き、


塩をちょっとふりかえるだけで簡単にできる料理ですが、


実はこのおかゆはダイエットに適した料理なんです。


おかゆの最大のダイエット効果は、なんといってもその低カロリーさにあります。


通常の白米を炊くよりも多く水を入れるのがおかゆですから、


米が水を吸って膨らみ、同じ一人前の量でも、普通にごはんを食べるより白米の量が少なくて済みます。


米の量が少ないということは、当然その分カロリーも低くなるわけです。


おかゆには、加える水の量によっていくつか種類があります。


もちろん、その水の量によってカロリーも変わってきます。


おかゆの中でも一番水分の多い三分粥は、通常のごはんの5分の1以下のカロリーです。


水気が少なめで、とろとろとした全粥でも、100kcalとかなり低カロリーなのがわかります。


こんなおかゆにも弱点があります。まずは、噛みごたえがないこと。


水分を吸った米はふにゃふにゃになるので、噛む回数が減ってしまい、


そういう意味では、満腹中枢を刺激できません。


水分で一時的にお腹は膨れるものの、満腹感は長持ちしません。


もともと、消化を良くするためにふにゃふにゃにしているわけですが、


ダイエット中ならできるだけ噛むのを意識して食べた方がいいでしょう。


また、おかゆだけで一食にしてしまうと、栄養バランスが悪くなります。


でも、いろいろなものをトッピングできるのもおかゆのいいところです。


ごはんに合うものなら、たいていのものはトッピングできます。


ここで高カロリーなものをトッピングしたら、せっかくのおかゆの低カロリーさが台無しですが、


鶏のささみや漬物、梅干などをトッピングしたり、他のおかずといっしょに食べたりすれば、


栄養バランスを良くすることができます。


おかゆのダイエット効果は低カロリーだけではありません。


おかゆは温かい食べ物なので、身体があたたまります。


体温が上がると、代謝が良くなって、内臓などの身体の器官が活発に動き始めます。


こうなると、もちろん一時的ではありますが、基礎代謝量も上がります。


また、熱々のおかゆを勢いよくかきこむ人はいません。


フゥフゥと冷ましながらなので、自然と食べるのもゆっくりになり、満腹中枢を刺激する効果もあります。


昨日はカロリーオーバーしちゃったなぁ。今日は昼に食べ過ぎちゃったから、


夜はちょっとカロリー抑えなきゃなぁ。そんな時に、


白いごはんのかわりにおかゆを取り入れてみるといいかもしれませんね。









有機ハト麦発芽玄米を原料使用のお肌と胃にやさしい おかゆ有機 JASはと麦発芽玄米粥 ラベル...
スポンサーサイト



トラックバック URL

トラックバック

コメントの投稿

コメント