FC2ブログ

血糖コントロールダイエット

血糖コントロールダイエットは、簡単なルールを守るだけで、ストレス無く、メリハリあるボディを手にすることができます。


食べながら確実に痩せられるダイエット方法です。


まず、血糖コントロールダイエットの概略について


筋肉は、睡眠中に活発に作られて、この時に脂肪を燃焼させます。睡眠中に痩せやすい体を作ることが、ポイントです。


カロリー計算は必要ありません。


食事の仕方が一番大切で、運動は、付録と考えて構いません。歩くことやランニングをできればやりましょう。


血糖値とは、血液中に含まれる糖質の量のことです。


1日の食事毎に決められたルールを守るだけで、簡単に脂肪を落とし、ウエストがくびれたり、メリハリのあるボディを作ることがでます。


血糖値が上昇すると、太りやすく、血糖値が低下すると痩せやすくなります。人体は血糖値が一定量を超えると脂肪としてため込もうとします。


また、逆に、一定値以下になると蓄えていた脂肪をエネルギーとして燃焼し始めます。


そこで、食べ物に含まれる血糖値の量と摂取する時間を考えるようにして、血糖値のピークを朝食後に持っていき、昼と夜に下げるように持っていきます。


就寝前には食事はしないようにします。


「血糖コントロールダイエット」は、GI値の低い食品を食べることによって痩せるダイエットといえます。


GI値とはブドウ糖を飲んだ時の血糖値を100として考えたものです


またGI値は、カロリーが低いからといってGI値が低いとは限りません、カロリーとGI値は比例していません


GI値の高い食品

ブドウ糖(100) 黒砂糖(99) 食パン(91) ジャガイモ(90)


GI値の低い食品

大豆 (15) コーヒー (16) 牛乳 (25) ビール (34)


ごはんを、玄米に変えたり

・精白米やうどんを玄米に変える

・コーラをコーヒーに変える

・じゃがいもをサツマイモに変える

といったようにGI値の低いものを選択してください


GI値の高い食品を摂る前には食物繊維を多く含んだ野菜などを、食べてください。


血糖値の急上昇をある程度抑えることができます。


また、食べる順番が重要で、食物繊維の多い食品や乳製品を先に摂ることで、消化吸収を遅らせることができます


油脂は低GIなのですが脂質の摂りすぎは低GIであっても太ります。


炭水化物(糖類)との相性も悪く同時に摂らないように気を付ける必要があります。


このダイエットは、食事量を制限するダイエットではなく、楽に続けることができます。


また、成人病の予防にもなり、健康なダイエット方法です。







血糖コントロールダイエット
スポンサーサイト



トラックバック URL

トラックバック

コメントの投稿

コメント