FC2ブログ

豆乳バナナ満腹ダイエット

健康的な食品として、定評のある大豆は、ダイエットにおいても凄いパワーを発揮します。


大豆の植物性タンパク質に含まれるペプチドは、血清コレステロールを低下させ、


脂肪を燃焼しやすくする働きがあります。


また、脂質に含まれるレシチンは善玉コレステロールを増やす働きがあります。


また、大豆イソフラボンは、ダイエット時のホルモンバランスを調整し、


コレステロールの低下や肥満の防止効果があると言われています。


また、大豆は、良質の植物性タンパク質や、ビタミン類、亜鉛、ナトリウム、カリウム、カルシウムなどが


バランスよく含まれています。


しかし、大豆は、そのままでは、消化が良くなく、豊富な栄養素も効率よく摂ることができないのですが、


豆乳は、大豆のタンパク質を、消化良く、効率よく吸収できるように加工した製品ですので、


ダイエットには最適です。


バナナは、ビタミン・ミネラルのバランスが良く、消化吸収が良く、腹持ちが良く、


植物繊維も豊富ですので、便秘の解消にも効果があります。


かつて、オリンピックに、バナナを大量に持ち込んだ国があったほどの、健康にも運動にもいい果物です。


豆乳とバナナを組み合わせると、代謝が高まり、どんどん痩せ体質になり、


脂肪の燃焼を促進し、水太り、むくみも改善されます。


バナナには、食物繊維が多く、栄養も豊富です。


バナナに多く含まれるビタミンEは、大豆タンパクの分解や、代謝の促進の働きがあります。


豆乳とバナナを組み合わせた豆乳バナナには、互いに有効性を高めい、


相乗効果が発揮される驚異のダイエットパワーが秘められています。


豆乳バナナジュースの作り方


材料

豆乳100ml、バナナ1本


作り方

バナナの皮を剥き3センチ位の長さに切る


豆乳とバナナをミキサーに入れる


ミキサーで30秒間回す(目安は、バナナがドロドロに溶けてふんわりしてくるまで)


コップに移して完成。


酸化が早いので、早めに飲みます。


1日にコップ1杯を、1日に1回か2回、食事前に飲みます。


豆乳バナナダイエット中でも3食はきちんと摂ります。


ダイエットのポイントは、摂取カロリーを減らしすぎないこと、


牛乳やひじきを多く摂るようにして、カルシウム不足に気を付けましょう。


ストレスをためないようにしましょう。週1回くらいは、和菓子を頂くとか。


空腹感を上手に紛らわすこと、栄養バランスを失わないことですが、


豆乳バナナジュースを飲むことで、カロリーを減らし過ぎず、空腹感もさほど感じず、


栄養バランスを取りながら、驚異の豆乳バナナ満腹ダイエットができます。







【4月16日出荷開始】ハウス ナチュラルブラウン<豆乳バナナサンド> 48g×60個<※120個まで1...
スポンサーサイト



トラックバック URL

トラックバック

コメントの投稿

コメント