FC2ブログ

縄跳びダイエット

縄跳びダイエットは強い体を作り、心肺能力を鍛えることができる強度の有酸素運動です。


心拍数が上がる運動ですので、かなり疲れを感じるものでもあります。


縄跳びダイエットを行うよりは、少し時間を長めにしてもっと強度のゆるい有酸素運動を行う方が、体脂肪を落とすことに繋がります。


有酸素運動は、適度な心拍数で行うことが大切であるとされているからです。


適度な心拍数は、心臓病などがない限りは、1分あたり160から年齢を引いた数となります。


縄跳びダイエットは、カロリーの消費が大きいために体重を減らすことができるという効果があります。


実際の効果には個人差があり、3週間で2キロ痩せたという人もいれば、1ヶ月で6キロ痩せたという人もいます。


運動する時間と量、食事制限なども減量効果の大小に関わります。


縄跳びダイエットでは下半身の筋力が強化されますので、筋肉をつけたくないという方には向いていません。


そのほかには内臓機能が向上したり、ストレス解消になるという効果もあります。


縄跳びダイエットは、かなりハードな運動であることがデメリットとなっています。


痩せようとするときには確かに運動が大切なことですが、あまりにもハードな運動は続けることが難しくなります。


途中で挫折してしまって、結局は痩せられないという結果になりかねません。


また、縄跳びダイエットは、雨が降るとできないというデメリットがあります。


雨が降って間があいてしまうと余計に面倒になって、結局は続けられなくなってしまうのです。


縄跳びダイエットは、1日30分くらいを目安に続けることで結果が出やすいといわれています。


効果がある方法としては、最初にジョギングをして脂肪を燃焼させておき、そのあと縄跳びダイエットを実行するのです。


跳び方は、両足で跳ぶだけではなく片足ずつ交互にリズミカルに跳ぶ方法があります。


また、二重跳びやはやぶさなどの技を使って跳んでも楽しいですね。


飽きないように続けるためには、音楽を聴きながら跳ぶということも一つの方法です。







運動不足の解消に!誰でも始められるのがいいよね♪縄跳びダイエット始めてみては!?『スキッ...
スポンサーサイト



トラックバック URL

トラックバック

コメントの投稿

コメント