FC2ブログ

その方法でダイエットに成功したとしても.....

ダイエットをはじめる前にきちんと理解しておきたい事。

それは「ダイエット」というものは、単に「体重を減らすもの」ではなく、

やせる事によって「美しくなる」という事です。


キビしい食事制限を根性で乗りこえ、目標体重を達成したけど、

お肌はカサカサ、慢性的な疲労とストレスをかかえ、お通じもない....

こんな状態では「ダイエット」をした事が逆にマイナスになってしまいます。


ダイエット計画というと、どうしても

「もうこのままじゃヤバイかも......」

というレッドゾーンの手前くらいになってしまったところで、

あせって無理な短期ダイエットをこころみる、

という事が多くなってしまいがちです。


それは何かというと、


ダイエットの計画の段階で、

人間の本能を無視してしまっている...


ということです。


食事の喜びが全くない状態でのダイエットは確実に崩壊する


という事を、

ダイエット始める前の計画段階で、改めて認識をしておいてください。


ダイエット始める場合というのは、

ダイエット食品を利用したり、運動したりという計画を立てて、

1日何カロリー以下に抑えて、何カロリー程度消費する運動をする...run


というようなことを考えると思うのですけども、

こういった計画を、マシーンのように確実に実行できる...

ということを基本と考えて、

難しい計画を立ててしまっていることが多いということです。


例えば、こんな例。


「非常に低いカロリーの商品をたくさん食べることによって、

満腹感を得られるようになるから、

その満腹感のおかげで、それ以上食べたいとは思わなくなるハズ...」

(寒天ダイエットや、こんにゃくダイエット等)


という計算をしてしまう事などが、

それに当たります。


これがほとんどの場合、

皮算用に終わってしまうということは、

これまでのダイエットの経験からも、

おわかりいただけるのではないか?と思います。


食べ過ぎてしまうということや、

高カロリーのお菓子などが欲しくなるというのは、

体が飢餓の状態によって、それを求めているということではなくて、

それを食べることで、日々の仕事や生活のストレスを解消したい...

それを食べることによって、幸せな気分になりたい、ほっとしたい...

という気持ちの方が、圧倒的に強いハズです。


実際にそういった状況になっている場面を考えてみると、

これは当たり前の事なのですけども、

お腹が減っていない普通の状態で立ててしまう計画では、


「このダイエット食品、ダイエットサプリメントのおかげで、

満腹感が得られるようになれば、それ以上食べたいと思わないはずだから、

このダイエットはきっと成功するハズよ!」


などと思ってしまいがちです。


新しいタイプのダイエット法を始めたりしようとするとき等も、

「今回のものこそは、大丈夫かもしれない...」というような希望観測を持ってしまいがちで、

自分の感情や、人間の本能を無視したものになっていることに気づかずに、

非常に無茶なダイエット計画を立ててしまうことがあります。


忙しくてストレスも多い現代社会、

食の喜びを完全に断って成功できるほど、楽なものではないはずです


ダイエットによる空腹の辛さがピークに達しているとき、

きっと、このままでは失敗する、耐えられない...

というように思うのではないでしょうか?


このような極限状態との闘いになる可能性のあるダイエットは、

そもそも間違っていると言って良いです。


もし、このような無理のある方法で成功したとしても、

日々のストレスや体のコンディションなどは、

かなり悪くなってしまっているかもしれません。


同じダイエットをするなら、

体重が落ちるのがちょっと遅れるとしても、

ちゃんと好きなものを食べる事もできる方法を選びましょう。


その方が長い目で見た場合のダイエット成功率は、確実にあがりますよ


残念ながら、この方法でダイエットに成功する事が、「ほとんど無い」という事は、

みなさんもご自分の体験で、心当たりがあるのではないでしょうか?







もっと楽しく!飽きずに!続けやすく!ローカロ生活の30日間集中ダイエットセット!!30日間集...

スポンサーサイト



トラックバック URL

トラックバック

コメントの投稿

コメント