FC2ブログ

一食置き換えダイエット食品

「一食置き換えタイプ」は今のダイエット食品の主流といえるものではないでしょうか。

豆乳クッキーをはじめとするクッキータイプ・シェイク・寒天・こんにゃく、と

かなりの種類が出ています。


こちらのタイプを選ぶ場合に理解しておかなければいけない事は、


●空腹感との戦いになる事も多い


●材料によっては味が口にあわない場合も


●「食事」の楽しみが一瞬で終了する事


の上記の3つについて、どのくらい自分がガマンできそうか?という事です。


この3つについては、どのメーカーさんの食品であっても、

腹持ちが良くなるような成分の配慮がされ、できる限り美味しい味付けで、

食の楽しみも失わないように考えられています。


ですが、どうしてもおなかに入る「絶対量」としては少ないという事実は

どうしようもありませんので、長期的にそのリズムに慣れてこない事には、

空腹感を感じる確率は高めであるといえます。


以上の点をよく理解して上手に利用すれば、これら「置き換えタイプ」は、大きな助けになります。


栄養バランスが非常に良いのでダイエット中に不足しがちなビタミン・ミネラルを補給できる


「主食」としての利用も良いが、「間食」として考えた場合非常に優秀な食品といえる


というのが、その理由です。


「食べたいときの心理」というのは、単純に「空腹である」という事とは別に

「ストレスを癒すために美味しいものを味わいたい」という理由である事も大きいです。


頭で「満腹になれば食べないだろう」と考えていても、なかなかそうはいかないもの.....。

確かに空腹は満たされたものの、何か「物足りない」と感じてしまうと、結局食べてしまいます.....

「満腹感」を重視するよりも「美味しさ」を重視する事が正解である場合もありますので、

この点についても軽視はできません。


ダイエット食品を「主食」として考えると、

結局は食の満足を得られないストレスに負け、ドカ食いのおそれがあります。

期間限定の短期ならいざしらず、基本的には「補助」として考えるべきです!


三食をある程度制限できるとしたら、空腹がガマンできなくなってしまったとき用の

「非常食」として間食に利用するというのも、おすすめな利用法です!


ポテトチップスやクッキー・ケーキと比べたら格段に低カロリーですから、

「間食・夜食」をやめられない事が最大の原因であったという人の場合、

その間食を置き換えタイプのダイエット食品にしただけで、

案外ラクにダイエットに成功するかもしれませんよ!


その他の生活の見直しも大切です!

スポンサーサイト



トラックバック URL

トラックバック

コメントの投稿

コメント