FC2ブログ

何よりも「太らない生活習慣」!

ダイエット食品を利用して、目標の体重まで減量に成功した後、

いったいどれくらいの期間、その目標体重を維持できましたか?


1週間後にはもう、ほとんどダイエット前の体重に戻っていた、なんていう事はありまでしたせんか?


これはなにも「ダイエット食品」を利用したダイエットだけに限られた話ではありませんが、

「ごく短期の減量で目標体重を達成した満足感だけで、結局維持できていない。」

という、せっかくの努力が報われていないダイエットになってしまってはいないでしょうか?

本来、「ダイエット」というのは、言ってみれば

「乱れた食生活を正し、体を健康な状態に持っていく」というのが、

目指すところですから、この「短期ダイエット→リバウンド」というのは、

目的とする事からハズれてしまっている、とも言えます。


どんなダイエット法を実践する場合でも最も必要な事は


「達成した目標体重を、きちんと維持出来る生活習慣を同時に身につける」


という事です。


この点を、事前にきちんと考えて実践するダイエットこそが「成功するダイエット」です。

「デトックス・プチ断食」などでも「体重を落とす過程と同じかそれ以上に、

食事を戻して行く過程が重要である」というように言われます。


結局、短期目標の設定では、それを達成した途端、

それまでのガマンがいっきに噴きだし、リバウンドしてしまうのがオチです。


ちょっと専門的な話になってしまいますが「過食」というのは、

人間の体にとって、一番負担の大きい事なのです。


太ると同時に、にきび・倦怠感・生理不順などがやってくるのは、

「消化活動」に体の労力の多くをうばわれ、

正常な代謝活動が出来なくなっている、という理由も大きいのです。

もちろん「老化」スピードも早める事になってしまいます。


ですから「ダイエット」は、単に体重を期間内に落とすものだ、という考え方はあらためて、

普段の食生活のなかで、きちんと現状維持をできる生活スタイルを見つめなおす事が重要です。


「ダイエット」を考える事は、スリムなカラダを手に入れたい!というだけで終わるものではないのです。

美容・健康の為にも「今後、太らない為の生活リズム」を考える事が何よりも大切です!


今後、ダイエットに取り組むときは、この点を忘れないようにしましょう!

スポンサーサイト



トラックバック URL

トラックバック

コメントの投稿

コメント