FC2ブログ

ダイエット中は必ず三食とらないと脂肪がつきやすい?

「ダイエット中は必ず三食とらないと脂肪がつきやすい」

という言葉を、聞いた事がない人はいらっしゃらないと思います。


確かに、これはそのとおりです。お相撲さんは朝食を抜く事によって、軽い飢餓状態を作り、

残りの二食の栄養の吸収量を高める、という食事法を実践しています。

「食事内容と食べ方」などの要素もありますので、

単に二食だとこうなるというだけの理論では不足しています。


食の栄養が毎日正しいリズムで、三回きちんと体内に入ってくるという事を

カラダに覚えこませてあれば、それぞれの食事で、必死になって脂肪をためようとする働きは、

確かに二食のときよりは弱くなります。

ですがきちんとしたリズムを維持できるなら、一日二食でもかまわないと考えています。


朝食は必ずしも必要ではありません


朝は排泄のリズムであるので、食欲がない状態で食べ物を詰め込んでも、

消化不良になりやすく、ダイエット時の大敵「便秘」になってしまう原因ともなります。

また、朝たくさん食べる事で消化活動にとられるエネルギーが多く、

昼過ぎまではずっとカラダがだるい状態が続いてしまいます。


「昼抜きの、朝と夜の二食」では良くないという理由は、

昼以降の時間はカラダが燃焼・活動リズムにあり、とった食事のエネルギーはすぐに活動にまわりやすく、

消費しやすい、と効率が良い時間帯なので、ここで抜くのはソンという理由からです。


「夜抜きの、朝と昼の二食」では良くないという理由は、

夜の時間はカラダが消化・吸収のリズムにあり、とった食事の栄養を消化・吸収しやすいので、

たんぱく質・脂質などの消化負担が重めの食事でも、効率よく処理する事ができるからです、

朝・昼に高たんぱく・高脂肪の食事をする事に比べ、ダンゼン便秘になりにくいというのが一点。

そして、カラダを健康に保つための大切な栄養素は、この時間にしっかりとるべきである。

という理由からです。


ですので「二食でも大丈夫」と言っているのも、なんでもアリだという訳ではありません。

スポンサーサイト



トラックバック URL

トラックバック

コメントの投稿

コメント