FC2ブログ

ある程度の量できちんと満足感を得られる食事

ある程度の量できちんと満足感を得られる食事をきちんと生活に取り入れる事ができるようになれば、

それだけでダイエットの悩みなど消えてしまうかもしれません。


たんぱく質・炭水化物・脂質・ビタミン・ミネラル・食物繊維 をバランス良くとる事。

よくかんで時間をかけて食べる事。


そして「加熱処理」をしていない生のままの食品を、なるべく取り入れるようにする事。


ごく当たり前の答えだと思われたかもしれませんが、「現代」ではおろそかになりがちな事でなかなか出来ていない事ですね。


●同じ量でもよくかんで食べる事によって、 食事の途中でも血糖値がある程度上昇し、満腹感がやってくる。

 
よくかんだ食品は唾液の消化酵素の働きで、体内に入ったときに消化・吸収しやすくなっているので、栄養として取り込まれやすく、胃腸の負担も少ない。


●現代人にもっとも不足している「酵素」を生の食品から摂る事で、体にとって一番負担が大きい作業である「消化」の作業が減り、

 
体の機能を正常化するための代謝機能が活性化され、さまざまな体調不良も改善される。


そして、バランス良く栄養素が体内に取りこまれた事で、脳が栄養補給に満足した信号を出す。

満腹の信号を出す脳内物質の分泌が衰えていたとしたら、それも改善され、過食状態から回復する。


という事になります。


では、どのような点を注意すれば良いかというと、


白米より、玄米・雑穀


野菜・果物をしっかりとる


電子レンジはなるべく使わない


インスタント食品を利用してしまったときも、よくかむ習慣は忘れない


食事・睡眠の時間を毎日安定させる

(夜型生活は太る理由だらけ)


などを、少しずつでも取り入れるて行くべきです。

これらを全く無視していると、ダイエットどころではなく、健康面での不安が非常に大きくなってきます。


明日は、「食事のガマンをできない場合」についての対処法について考えてみたいと思います。

スポンサーサイト



トラックバック URL

トラックバック

コメントの投稿

コメント