FC2ブログ

「青魚」がダイエットに良い?

「青魚」が健康に良いという事は、ちょくちょくテレビでも紹介されているので、みなさんご存知だと思います。


青魚に多く含まれる不飽和脂肪酸「EPA」と「DHA」などが、生活習慣病の予防に役立つ働きをします。


「日本人が長寿である」という事をささえている、ひとつの大きな理由のひとつです。


この青魚のもつEPAの効果は、


血液の流れを良くし、動脈硬化を予防する


悪玉コレステロールを減らし善玉コレステロールを増やす


血液中のの中性脂肪値を下げ、心肥大・脂肪肝を防ぐ


脳の働きを良くする


いい事ずくめのEPAですが、この栄養素といのは現代人にとってはとても不足しがちなものです。


現代人というのは、運動量も昔に比べてかなり低下しており、

この栄養過多が言われる世において、カルシウムなどの不足についても、深刻な問題となっています。

足りているようで足りていないものの中でも、重要なのが、このEPAです。


食生活の乱れ、ストレス社会、血液ドロドロ状態などの問題が頻繁に話題になる現代において、まさにEPAの働きは「救世主」です。


EPAを継続的に摂取する事によって、ドロドロ血の原因となっていた詰まり気味な流れの悪い血管の状態を良くし、

生活習慣病のリスクを大幅に低減します。


また、脳の働きにも非常に良い影響を与えますから、日々の活動や仕事の面においても、

その能率がアップする事は間違いありません。


他のビタミン・ミネラルに比べると、どうしてもEPAの摂取量の意識というのは甘くなりがちですので、

旬の青魚などから積極的に摂取する事が望ましいですが、あまり魚を食べる習慣が無い方や、

アパートなどで焼き魚の煙を敬遠して、なかなか魚を食べる機会が無い方などは、

サプリメントでの摂取をお勧めします。


現代人には必須ですから、「自分はEPAが足りているか?」という事も思い出してみてください。




◆ モンドセレクション金賞受賞商品 ◆『DHA+EPA』現代人に「ひらめき」と「冴え」を【全国送料...



スポンサーサイト



トラックバック URL

トラックバック

コメントの投稿

コメント