FC2ブログ

大豆は日本人の健康を支えてきた、素晴らしい食品!

豆腐も豆乳も、その原材料は「大豆」です。日本が誇る健康食品の代表「納豆」も大豆です。.

大豆は昔から「畑のお肉」と言われるほど栄養価が高いといわれていますが、

では何がそれほど良いのでしょうか?


大豆の栄養素を見てみましょう。


良質なたんぱく質、カルシウムなどのミネラルを豊富に「バランス良く」含んでいる。


「必須アミノ酸」を多く含んでいながら、悪玉コレステロール上昇の原因となる「飽和脂肪酸が少ない」


という素晴らしいものです。


また「エストロゲン」は女性ホルモン様物質と呼ばれ、微弱ではありますが、

体内で女性ホルモンと似た働きをします。


ですので、閉経後、女性ホルモンが減少していく事にともなう、

骨粗鬆症や、更年期障害などの症状を緩和するはたらきがあるといわれています。


サプリメントなどにより「大豆イソフラボンのみ」を過剰に摂取すると、


女性ホルモンのバランスが崩れる可能性があり月経周期の遅れや子宮内膜増殖症などのリスクが高まるおそれがあります。


1日当たりの大豆イソフラボンの摂取目安量の上限値を70~75mgとし、

そのうち、サプリメントや特定保健食品などで摂取する量は1日当たり30mgまでが望ましいとしています。


たしかに、大豆の栄養素に限らず、食品で摂取したものよりサプリメントで摂取した栄養素の方が、

過剰摂取の場合の排出効率が悪いですので、度を超えた摂取は気をつけるべきであるといえます。


「大豆イソフラボン」は、急にダイエットをはじめた事で、

今までの体のリズムが変化してしまい、ホルモンバランスの乱れなどによる、

イライラや女性特有の症状が出た場合、それを緩和してくれる、とても素晴らしい栄養素です。

スポンサーサイト



トラックバック URL

トラックバック

コメントの投稿

コメント