FC2ブログ

低インシュリンダイエット

低インシュリンダイエットとは?


紹介され始めた当初は、雑誌やテレビなどで


「炭水化物さえ抜けば、たんぱく質と脂肪は無制限に取っても痩せられる!」


というかなり極端な情報が多く流れていました。


「GI値(血糖値の上昇スピード)の低い食品をメインにする事により、インシュリンの分泌を抑える」というものです。


「インシュリン」には、血中の糖がエネルギーとして消費されるのを促進する働きと、


消費されなかった糖を脂肪細胞に蓄えておこう、という働きがあります。


「インシュリン」の分泌量が低ければ、糖が脂肪細胞へ運ばれて、脂肪に変わる事をおさえられる


脂肪細胞からエネルギーを引き出して燃焼させる「グルカゴン」の分泌が促進される


という体内での作用に着目し、それをダイエットに生かそうという事です。


GI値が高い食べ物ばかりの食事だった場合、インシュリンの分泌がされる量が多くなり、


血糖値の上昇幅が大くなり、食事の後、しばらくは強い満腹感を感じる事になります。


逆にGI値が少なく、血糖値の上昇がゆるやかだった場合、ほど良い満腹感が持続する事になります。


「GI値の高い食事」の後というのは、血糖値の上昇により一時的な強い満腹感を感じるのですが、


それらがインシュリンの大量の分泌をうながした結果、今度は高い所から急激に落ちる事になります。


すると、それにつられて「空腹感」を感じてしまう事になるのです。


こんな経験はありませんか?


「もう食べられない.....」というくらいおなかいっぱい食べたのに


数時間後にはもうおなかがへってきてしまった.....


これではダイエットに成功するはずはありませんよね!


このような事がよくあるという方は、GI値の上昇をゆるやかにする事ができる食品を、メインの食事の前にとる事がおすすめです。


野菜・穀類・酢の物・牛乳 などがそれらにあたります。


上手にこれらを利用し、ドカ食いしておいてまだおなかが減ってしまうような事だけは、絶対に無いようにしましょう!

スポンサーサイト



トラックバック URL

トラックバック

コメントの投稿

コメント