FC2ブログ

炭水化物抜きダイエットとは

炭水化物抜きダイエットとは、


私たちが口から摂取した食物は、最初に炭水化物が消化吸収されます。


このことを利用して、炭水化物を抜く事で。体に蓄積した脂肪が燃焼されてやせる。

というのが炭水化物抜きダイエットの考え方です。


炭水化物抜きダイエットとして、一番有名なダイエット法はアトキンス式ダイエットです。

このダイエットは炭水化物であるご飯、精製された小麦粉、砂糖の摂取を放棄する方法です。

やせるメカニズムとしては、現在日本で流行している低インシュリンダイエットと同様に

GI値に配慮した方法でダイエットを行うものです。


しかし、現在色々な方面からこのダイエットに対して批判が上がっています。


理由としては

糖質は脳の唯一無二の栄養素であり、糖質をカットすることは脳にダメージを与える可能性がある。

肝臓での糖新生が繰り返し行うため、肝臓に大きな負担を与える。

ケトン体を多く合成されるため、体内のPHバランスが崩れケトアシドーシスと引き起こす。

などがあります。

医師、栄養学者等が糖尿病予備軍を作ると言う言い方をされています。


そもそも、低糖質ダイエット系のダイエット法は、アメリカで開発されたものです。

主食を抜くと言っても、アメリカの食文化自体が肉中心の文化で、炭水化物が主食ではありません。


米は粒状なので、パンやパスタなど粉で出来ている物より胃の滞留時間が長く、腹持ちが良いのです。


やはり、ご飯とおかずをバランス良く食べる事によって栄養を補いあって、気持ちも満たされます。

大切なのは、がまんをしない事、ただし後悔する様なドカ食いはしない事です。

スポンサーサイト



トラックバック URL

トラックバック

コメントの投稿

コメント