FC2ブログ

フコイダンのヌメリ

フコイダンとは、硫酸化多糖類という

昆布やモズクなどについているヌメリ成分のひとつであると言われています。


しかし、フコイダンはヌメリ成分の中のひとつであり、

ヌメリ全体をフコイダンとするには、難しいとされています。


フコイダンは硫酸基にフコースが結合したものなのですが、

硫酸基自体は、劇薬の硫酸の元なのですが、

これが単体で存在する場合は全く無害だとされています。


硫酸基は単体で存在する場合、ヌルヌル状態を作り出す性質があります。

また、硫酸基は人間の胃の中にも存在し胃粘膜を胃酸から守る働きをしています。


この、フコイダンを含むヌルヌル成分は、

昆布やモズクが潮の流れや砂などで茎や葉が痛んだ場合、

その傷から細菌が進入するのを阻止したり、

乾燥しないよう保水力を保つための働きをすることが確認されています。


ここにフコイダンの可能性が見出されているので、とても期待できそうです。


フコイダンはその様々な作用や、 報告されている効果などから

魔法の薬的なイメージがささやかれています。


現在でも、フコイダンはまだまだ未知の成分といわれています。


その為に、研究も進められています。

これから、フコイダンについて新たな発見もあるかもしれません。


ただこれらフコイダンの情報は、すべて確証を得た情報ばかりではありません。

まだ未知の部分を持つのが、このフコイダンなのです。


しかし、今フコイダンについて大きな副作用の報告はないようです。

これは、フコイダン自身が天然由来の成分だからかもしれません。


とすれば、スーパーで販売されているめかぶや、

昆布、もずくなどを積極的に食生活に取り入れることも

フコイダンの効果を得るひとつの手立てと言えるでしょう。


まずは、身近なものから試すことが良いと思います。


効果があれば、フコイダンの製品を体験する事が一番良い策だと言えます。





ごはんのおかず、汁物のお供に、茶として、三陸産乾燥きざみめかぶ60g(30g×2袋)【税込・送料無...


スポンサーサイト



トラックバック URL

トラックバック

コメントの投稿

コメント