FC2ブログ

豆乳クッキーダイエットにおいてのイソフラボンの摂取量。

ダイエットには便秘解消が欠かせませんが、

おからには豊富な食物繊維が含まれ、


更に脂肪燃焼促進の作用をもつビタミンB群がある事からも、

おからダイエットは脂肪を燃やし、老廃物を排泄してくれるので、

ダイエット効果が高いと言えます。


豆乳クッキーダイエットには

おからや豆乳などを原料としているので、

女性にとって重要な栄養素である大豆イソフラボンが含まれています。


豆乳クッキーダイエットに含まれる

大豆イソフラボン含有量は一食(33g)あたり2.1~2.14mgです。


成人女性の大豆イソフラボンの

1日あたりの摂取上限値は70~75mgとされていますので、

一食の量を守りながら普通に食べていれば、

取り過ぎてよくないというほどの問題ではないでしょう。


仮に3食とも豆乳クッキーにしても

計算上は問題ないことになりますね。


豆乳クッキーダイエットは、

一日三食の中で一食を豆乳クッキーにして

他の二食は通常の食事をすることが基本なので、

そのとおりにダイエットしていれば大丈夫そうです。


また、大豆自体がとても体に良い食材なので

安心してダイエットに取り組むことが出来ます。


おからをダイエットだけではなく、

健康増進の為に、食事やお菓子などに利用してみましょう。

スポンサーサイト



トラックバック URL

トラックバック

コメントの投稿

コメント