FC2ブログ

夜食べたら太ってしまうのだったら

夜遅い時間に食べると、寝ている間に脂肪になると言われていますよね。


それなら、いっそ寝なければ太らないということなのでしょうか。

「寝ている間に脂肪になる」なら、寝なければ夜遅い時間に食べても大丈夫?


そう考える人もいるとは思いますが、答えは残念ながら「NO」です。

人間の身体には、体内時計というものがあり、たんぱく質をはじめ、

いくつかの成分が体内時計を動かしています。


このたんぱく質が、増えたり減ったりすることで、身体は1日の中で活発モードになったり、

お休みモードになったりしているのです。


実はこのたんぱく質、脂肪を体内に溜め込もうとする性質があるのです。

そして、このたんぱく質が増える時間帯、それが夜の10時~明け方の2時頃なのです。


つまり、夜遅い時間に食事をすると、同じ摂取カロリーでも夕方に食べるより脂肪として蓄えら

れやすい、それが太りやすいということになります。


さらに、夜遅くまで起きている不規則な生活が続くと、この体内時計は狂ってきます。

これが狂うと、問題のたんぱく質が常に多い状態になってしまいます。


そうなると、規則正しい生活をしている人と、まったく同じ摂取カロリーでも不規則な生活をし

ている人の方が太りやすいということになりますよね。


体内時計が狂うと、ホルモンのバランスもおかしくなります。夜遅くに食べるのと、

朝食べるのとでは、消費カロリーにも違いがあります。


食事誘導性熱代謝というのを知っていますか?これは、食べたものを消化吸収するのに使われる

消費カロリーのことで、基礎代謝量の約10%を占めます。


たとえば体重60kgの人なら、1日の消化吸収に使われるカロリーは約180kcalになります。

毎日180kcalですから、意外とあなどれませんよね。


この食事誘導性熱代謝は、夕方から夜にかけて、どんどん下がっていきます。

つまり、同じ量を食べるにしても、夜より朝に食べた方がカロリーをより多く消費できるってことになりますよね。


夜遅い時間に食べても、寝なければ太らない?という考えは、これらの理由から「NO」というこ

とになります。

仕事などでどうしても食事が遅くなるような時は、

夕方の時点で軽くでも何か食べておいて、深夜にたくさん食べるなんてことのないようにしたいですね。


【テレビでも話題!】マスカット酢★リピート率NO.1ダイエット酢飲料!お酢とは思えない美味し...

スポンサーサイト



トラックバック URL

トラックバック

コメントの投稿

コメント