FC2ブログ

食べてキレイになれたら嬉しくない?

食べて痩せるのがダイエットにとって一番です。

もちろん一日3食とっていただきます。


食べないダイエットでは、

脳の唯一のエネルギー源である糖(炭水化物が分解して糖になる)が不足します。

頭がクラクラしたことありますよね。糖分不足です。


糖が不足するとどうなるか。

脳は、常に糖を供給してあげなければ死んでしまいます。


ですから体は脳に糖を供給するために、

たんぱく質である筋肉を分解して糖を作り出すのです。


体は、脂肪を糖に変えることは出来ませんので、

脂肪は減らずに筋肉が減るということです。


筋肉の減少は、基礎代謝の低下を意味します。


摂取カロリーを低くしようとした結果、

消費カロリーまで低くなってしまうのですから、本末転倒です。


食欲に負けて食事を元に戻せば、代

謝の悪くなった体は容易にリバウンドしてしまうということです。


ですから、カロリーが低いだけでは、ダイエットなんてできないのです。

ダイエットをするのに、食事でこんな我慢をする必要はありません。


基礎代謝を上げる食事をすれば、3食食べてダイエットできるのです。


キムチ雑炊のつくり方


まず、味噌汁4人分のお湯を沸かします。

ほんだしを入れます。


沸いたら、にんにくをおろしたものかきざんだもの、

コチュジャン小匙1杯、味噌小匙1杯を入れます。

ちょっと醤油(小匙半分)も足します。


この時点では、薄味にしておいてください。


牛肉を細長く切ったもの、

あるいは薄切りにしたものを入れ、煮ます。


牛肉から出るだしがポイントのようです。


次に、ねぎを切ったものや、野菜を入れて煮ます。


適当に煮えたところで、キムチを入れます。

ここで味を見てみます。


キムチを入れたことによって、しょっぱくなります。


これでもまだ薄味なら、味噌か、醤油を入れます。

味が濃いなら、水を足します。


キムチを入れて一煮立ちしたら、

ごはんをほうり込んでできあがりです。

簡単で、体が温まるので新陳代謝が促進してダイエット効果もばつぐんです。


 薬膳ダイエットキムチスープ 18食



スポンサーサイト



トラックバック URL

トラックバック

コメントの投稿

コメント