FC2ブログ

ダイエット中「消化されなければ、カロリーを摂取することもなく、脂肪もつかないのでは?」

という疑問を持ったことはありませんか?

食べ物には、消化の良い食べ物と消化の悪い食べ物がありますが、消化の悪い食べ物は太りにくく、

ダイエットに有効な食べ物なのでしょうか?

消化しにくい食べ物は低GI食品?

以前「低インシュリンダイエット」が話題になりましたね。

低インシュリンダイエットとは、血糖値を上昇させにくい食品を摂取することにより、脂肪の蓄積を防ぐダイエット方法です。

血糖値が上昇すると、インシュリンというホルモンが分泌され、脂肪を蓄積するように働いてしまうのです。

血糖値とは、食品が消化・吸収されて血液中に存在するブドウ糖の濃度です。

そして、GI値とは血糖値を上昇させるスピードを表します。

消化の良い食べ物は、すぐに消化・吸収されて血糖値を上昇させます。

そのため、GI値も高めです。そして、消化しにくい食べ物は消化・吸収に時間がかかるため、GI値は低めです。

消化されにくい食品には、GI値が低く血糖値を上昇させにくい食品が多く、ダイエットに活用できるものが多いのですが、

例外もあるので注意が必要です。

消化しにくい食べ物は腹持ちが良い

消化しにくい食品は、消化されるまでに時間がかかるのですから、

胃の中にとどまる時間が長く、空腹感を感じにくいというメリットがあります。

消化の良い食品は、消化されると空腹感を感じやすくなってしまいます。

消化しにくい食品は、間食や空腹感によるイライラなどを防ぐ効果があるため、ダイエットに役立てることができます。

食物繊維は消化しにくい食べ物の代表格!

「消化しにくい食品」というと、胃にもたれそうなイメージがある人もいるのではないでしょうか?

しかし、ダイエットにも健康にも有効な食物繊維は、消化しにくい食品の一つです。

食物繊維は、人間の消化酵素で消化することができません。

脂質や糖質を吸着して、そのまま排出されるため、大変ダイエットに有効な食品とされています。

消化しにくい食べ物にはどんなものがある?

脂肪分の多い食品は消化しにくいとされています。

卵・イモ類・乳製品は比較的消化しやすい食品とされていますが、

卵はかたゆで卵や油を使った調理法などでは消化しにくくなりますし、

イモ類では油で揚げたフライドポテトは消化が良くありません。

食材自体の消化の良し悪しもありますが、食べ合わせや調理法も消化に大きく影響しています。

消化しにくい食品の注意点

消化の悪い食品は胃に負担をかけますし、脂肪分が多く高カロリーのものもあるため、注意が必要です。

また、消化しにくい食品ばかり摂取していると、栄養バランスが偏ってしまいますので、

栄養バランスも考慮しながらダイエットに取り入れる必要があるでしょう。

先にも説明したように、消化しにくい食品は低GI食品が多いため、

極端に消化しにくい食品ばかり摂取すると低血糖を引き起こす可能性もあります。

糖質は脳のエネルギー源であり、必要な栄養素です。

消化しやすく、血糖値を上昇させる食品も、調理方法や食材の選択を上手に行い、取り入れることが大切です。



伝統的な製法で作られた「全粒ライ麦パン」、5%OFF!有機全粒ライ麦パン 3種セット 〔250g×...