FC2ブログ

暑い夏に欠かせない麺類といえば、そうめんです。水と氷で冷やしたそうめんをツルツルと食べると、心も身体もさっぱりします。


夏バテから食欲がなくなっても、ひんやりとしたノド越しのそうめんなら、さらっと食べられます。


夏には1日1回そうめんを食べるなんていう人もいるんじゃないでしょうか。


ダイエット中、そうめんを食べるなら、気になるのはやっぱりカロリーです。


そうめんのカロリーと、ダイエットに効果的なそうめんの食べ方を紹介します。


微量ではありますが、麺類はご飯よりもビタミン類、ミネラル、食物繊維が多く含まれています。


中でも脂質や糖質の代謝を促進するビタミンB群が望めるので、ダイエットしたいけれど炭水化物が食べたい!というのなら、


ご飯よりも断然「そうめん」がオススメ。さらりと食べられ、水分で満腹感を得やすいところもダイエット向きと言えるでしょう。


 そうめんダイエットの落とし穴は、栄養が偏りがちになること。この結果、夏バテになってしまうのです。


夏場は熱い陽射しにあたって体力を消耗しやすいので、エネルギー代謝を助けるビタミンB群やCを他の季節よりも積極的に摂らなければいけません。


そうめんを食べる時は、単品ではなく、副菜やデザートもプラスした献立を常に考えましょう。


果物を食べることでビタミンCが補給でき、日焼けによるシミ・そばかすへの効果が期待できます。


一番オススメしたいのが、そうめん+具というメニュー。


ダイエットを長続きさせる秘訣は、たくさん食べ(もちろん栄養をまんべんなく摂るのが前提!)、楽しむこと。


その点、そうめんは具と組み合わせことで栄養バランスもよくなり、バリエーションが豊かになるので、飽きることもなく我慢から生じるストレスもありません。


例えば、冷やし中華風やきゅうりやわかめ、鶏のささみ、錦糸卵など具沢山の五目そうめん。


またかき揚げや素揚げ野菜をのせて食べるのも腹持ちがよくてオススメです。


具、それも揚げ物をのせるのは高カロリーになるので逆効果ではと思うかもしれませんが、


油はお腹もちをよくする作用があるので間食防止に役立ちます。


それに油の深みで味わい深くなり、満足感も得られます。


もしくは、ネギ、しょうが、海藻類、しそ、とろろ などの薬味をたくさん入れることで、いろいろな栄養素をとることができ、ダイエットにもいい効果をもたらすことができます。







メール便でお届け!山本で人気のそうめん『白髪』『白龍』『蔵開き』3セット山本で人気のそうめ...