FC2ブログ

ダイエットに悩んだ事がある方なら、一度は一品ものダイエットにチャレンジした事があるのではないでしょうか。

いろいろと話題の多い「一品ものダイエット」です。

一番メジャーなのは「リンゴ」ですね。

その他は、ゆで卵・牛乳・フルーツ、などなど、これまでいろんな方法が紹介されています。


例:りんご


栄養が豊富で整腸作用もあるので体内環境の改善にもなり、ダイエットには理想的


リンゴダイエットとは、リンゴだけを3日間食べることで腸を掃除して体質改善しながらやせるというものです。


例:ゆで卵


現在一般的に言われているゆで卵ダイエットの方法は、

ゆで卵を主食にせず少しお腹が空いた時に1日3個を限度に食べようというものです。


ゆで卵のカロリーは、1個80カロリーとチョコレートやパンと比較すると格段に低く、

また腹持ちがいいので満腹感のある食べ物です。


確かに、この利点だけを見るとすれば、とても効果が高いような気もします。

ですが、一品モノダイエットには共通の問題が存在しています。

冷静に考えてみると一品モノダイエットでは、栄養のバランスが崩れてしまいますね。


一品モノダイエットのは共通の問題は「食の満足を無視しているのでストレスが大きい」

「栄養面で問題がある」という事です。


確かに、一品ものダイエットでは、栄養価の高い食材を選びます。


でも、ひとつの食品で、すべての栄養素をバランス良く補えるという食材は存在しません。


必ず何かの栄養素が不足します。


ビタミンやミネラルをはじめとする各栄養素は、それぞれが密接に関わり、働きを補いあっていますから、

どれかひとつの栄養素を100摂取したとしても、他の栄養素が10しか補給されなければ、

結局その10だけしか、その効果を発揮できません。あらゆる栄養素を同じレベルで含有している食品などは存在しません。

つまり、一品モノダイエットを実践している間というのは、ほぼ間違いなく「栄養不足」状態に陥っています。


りんごダイエットで順調に減量に成功していたものの、はじめて3日目くらいからめまいや強いストレスを感じるようになった、という例も多いようです。


一品モノダイエットは、「栄養不足」「食の満足感がない事によるストレス」という、2つの大きな負担をカラダにかけてしまう為、

短期間の成功例だけは多いですが、そのリバウンド率の高さも強烈です。

本当のダイエットというのは「短期的な成功」を目指すものではありません。

「一品ものダイエット」をやりたくなったら、その前に自分の普段の生活習慣を見直す必要があります。

スポンサーサイト