FC2ブログ

雑炊(ぞうすい)は、米飯に肉類、魚介類、キノコ類や野菜を加えて、

醤油や味噌などの調味料とともに再度炊き上げたもの。


また、鍋物の残り汁に米飯を加えて煮たもの。


古くは「増水」と表記され、

米飯の量を水で増やすという意味合いが強かったと思われます。


この増水に他の具材を加えるようになってから

「雑炊」の文字があてられるようになったようです。


キムチ雑炊のつくり方


まず、味噌汁4人分のお湯を沸かします。

ほんだしを入れます。


沸いたら、にんにくをおろしたものかきざんだもの、

コチュジャン小匙1杯、味噌小匙1杯を入れます。

ちょっと醤油(小匙半分)も足します。


この時点では、薄味にしておいてください。


牛肉を細長く切ったもの、

あるいは薄切りにしたものを入れ、煮ます。


牛肉から出るだしがポイントのようです。


次に、ねぎを切ったものや、野菜を入れて煮ます。


適当に煮えたところで、キムチを入れます。

ここで味を見てみます。


キムチを入れたことによって、しょっぱくなります。


これでもまだ薄味なら、味噌か、醤油を入れます。

味が濃いなら、水を足します。


キムチを入れて一煮立ちしたら、 ごはんをほうり込んでできあがりです。


簡単で、体が温まるので新陳代謝が促進してダイエット効果もばつぐんです。




★全品全国送料無料★今までのダイエット食品にはないおいしさ。大好評ローカロ生活のキムチ雑炊


スポンサーサイト